このブログは移転しました。→http://www.masuseki.com/wp/ 300 秒後に移動します

日記/2010石垣山 | 10.04.07 (水)

日記:2010-04-06

青春18きっぷが3日分のこっていたので、石垣山城と小田原城を取材。 石垣山城っつーのは、小田原合戦のために秀吉が築いた、 木を刈って一夜のうちに建ったように見せかけたとか紙を貼って白壁の城に見せかけたとか家康と連れションしたとか、あの城、あの山です。以上、ゲヒから得た知識。

鈍行でも二時間半で行ける場所であり、始発で行く必要はなかったのだけど、 真夜中に目が覚めてしまってそこから眠れなかったので、 何時まで起きていられるかわからず始発で出発。

朝だったので軽くもやもかかり、桜の名所、標高 は 230m 。

幻想的に美しい景色に
「なんだここは?桃源郷か?」
などとしばし呆然とした。

……のだけど、撮った写真をあとから見たら、どれもこれも単にぼやっとしたピンの甘い糞写真ばかり。嗚呼。

石垣山

霧写真のハウツー教えてたもれ!

検索したけど、あんまりないな>霧の撮り方。

「 霧 」 を写真に写す

6 :(`・ω・´)シャシーン:2006/08/07(月) 21:25:53 ID:HTzme/xY
普通に撮ったらいいんじゃない。
べつに特別なとり方がある訳ではないと思うが。
ま、あえて書けば、
1.基本的には、写真の中に霧の無いはっきりと写った部分を入れて、画面を締める。
2.写真全部が霧の中というときは狙いをはっきりとさせる。
 中途半端は失敗作品と言われておしまい。
3.霧の動きは早い。
 しばらく待ってれば、見せたいところがはっきりと出てくることが多い。
 逆にもたもたしているとすぐに霧の中に…。
4.AEの場合、露出補正は基本的にプラス補正。
 補正量は経験が必要。
 スポット測光ができるヒトなら、そっちがお奨め。
5.霧にも色々ある。
 山だと例えば、午前中雨が降っていて、午後に止むと霧が出てくるとか、色々ある。
 経験を積むと、地形によってどんな気象条件になるとどんな霧が出てくるかある程度予想できるようになる。
 一箇所にしつこく通って勘を磨くべし。
6.霧の影響を弱めたいときは、PLフィルターを試してみる。

ま、以上こんなところか。
補足、よろ。

http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/photo/1154444756/6

とか、

> PIE2008リポート(3) レベルアップセミナー・米美知子さん 「素敵なネイチャーフォトの撮り方」 (日々雑感)
http://www.hoso0907.com/blog/archives/2008/03/24-235900.php

↑ここに、霧の撮り方が書いてあって参考になった。

> 霧は幻想的だが、それを撮るだけでは画面がぼやっとしているだけ。

ああ、ほんとにほんとに。

石垣山城は凄かったですよ。登山道は舗装されてるけど 1.5km ほど。40 ~ 50 分くらい? 直ったばかりの場所に、またマメが出来ました。

安土も良かったけど石垣山も劣らず良かったです。石垣以外、残ってないんだけど。 石垣が場所によってはいつ崩れてもおかしくない状態で、近づいて写真をとりながら死ぬかもしれないドキドキ感を味わえるのもグーでした。

石垣山城 石垣

非常にアクロバチックに支えられてる隅角。怖い怖い怖い。 いつ死人が出てもおかしくない気が。心配しすぎなのか。 穴太の技術は世界一ィィィィーなのか。

指輪を拾った。

帰るとき、来た道を戻っても退屈なので別の道で山を降りようと思って、 迷ってしまった。

そんで、玉川という小さな渓流だか用水路だかにぶつかったあたりで指輪を拾った。

http://pics.brizzly.com/1Z5I.jpg

帰宅して撮った写真。

なぜこんなところに指輪が捨てられているのだ……このまま進んで女の死体を見つけてしまって突然、圭子は消えてしまった事件しちゃうのは嫌だぞ。 ああ、そういえば前日ゲロ吐いたっけ……と、おこがましくもあんどーちゃんになりきった気分でなあばす・ぶれいくだうん。

でもこの指輪、サイズ的に男モノっぽいけどな。

銀でもなさそうだし。引きちぎられた切断面を見ると、別の材質にメッキかなんかされた感じ。 石はなにかわからん。メノウ?だったらいいけどね。

拾ったはいいが、価値のありそうな指輪でもなく、どうしたもんか悩み中。

持っといて、誰が、どんな理由で、なぜあの場所に捨てたのか。 それを考えるのも良い暇つぶしになるかもしれん。

twitter.com/mitimasu から転載

Tue, Apr 06
  • 10:16  なんぞここ。桃源郷か? http://f.hatena.ne.jp/mitimasu/20100406080655
  • 10:21  圏内に戻った。山奥でまようし指輪拾っちゃうし、あんどーちゃんしちゃうかと思ったぜ。(みわがいない…)
  • 16:39  きたーく。小田原に城取材に行ってきた。石垣山一夜城すごい。やばい。(桜の効果で好印象)。
  • 17:14  霧が出てて幻想的な風景にウットリものだった石垣山城の写真を見たら、どれもこれも手ぶれ・ピンボケばっか orz
  • 17:20  足のマメが潰れたとこに、新しいマメが出来てた。豊作だ。っつーか山城の取材は辛い……。でも寄り道してしまう自分がもっと悪い。
  • 17:33  http://brizzly.com/pic/1Z5I 石垣山下山中に拾った指輪(鏡に乗せて撮影)。内側に文字は無い。ちぎれてひしゃげてる。高価そうには見えないが…。どうしたもんかな。
  • 18:19  だめよ!だめよ!いとしいしとはもうスメアゴルのものよ! RT @mizuno_as: @mitimasu 指輪を捨てに行く旅がはじまるフラグ!
  • 18:20  そういえば『王の帰還』をまだ読んでなかったことを思い出した(近所の図書館には『二つの塔』までしか置いてなくて)
Powered by twtr2src.

霧のドバイ

http://jinjang.com/seven/wp-content/uploads/2009/03/burj-dubai-fog-picture1.jpg

ブルジュ・ドバイから見た霧に覆われたドバイ。

「霧を上手に撮りたい」
と言う場合、
「霧の向うにかすむ風景を上手に撮りたい」
なのか
「霧そのものを被写体として上手に撮りたい」
なのかよくわからないのが問題か。私の今日の日記でボヤいたのは、前者。


コメント

この記事はコメントおよびトラックバックの受け付けを終了しました。

Powerd by rNote 0.9.7.5 / Copyright : 桝田道也(MASUDA mitiya) 1997- all right reserved.