このブログは移転しました。→http://www.masuseki.com/wp/ 300 秒後に移動します

日記/2010大谷平和観音と大谷資料館 | 10.04.11 (日)

日記:2010-04-10

青春18きっぷの最後の一日分を使って、宇都宮に行った。

大谷平和観音ぐるぐる。

「けいおん!」二期OPもぐるぐる回ってるし、流行ってほしいね>ぐるぐる動画。

宇都宮城は、事前に酷評されてるのを読んでいたのであまり期待せずに行ったのだけど、 そういう心構えを上回る酷さでどん引きした。

私は、あんまり訪問地でガッカリすることはないんだけどな。ガッカリ名所で有名な札幌時計台も感激できたし。

ほとんど遺構がなくて、土塁と塀と櫓ふたつが復元されてるだけ……は仕方ない。

復元がどの程度、史実にもとづいているのか私にはわからない。 櫓はもっと曲材を使ってたのではないか?とか櫓の入り口に障子戸???そんな櫓ってあるか? とか、当時の柱材はこんなにつるっとしておらずボコボコした槍鉋《やりがんな》仕上げだったのではないか? などと色々思うが、断言もできんので、それもいい。

でもなぁ、特別開放日以外は櫓の二階に上がれないとか、 たいしたものがあるわけでもない歴史資料館が撮影不可ってのは、どうにもこうにも、 なんだそのセコさは……と激しくガッカリした。

ようするに運用の問題。意識の問題。

ほとんど遺構のない、歴史資料としてはいまや価値が低い城なのだ。遺構がある城にくらべて大きなハンデを背負ってるっていうのに、このうえさらに出し惜しみしてどうすんだ?と。

かつては関東七名城の一つに数えられた城なのにねえ……

写るんです風な

一昨日、カメラのピントを無限遠に変更したあとAFに戻すのを忘れたまま、AFだと思い込んで無限遠でずっと撮ってしまった。 そのせいで、気付くまでの半日分の写真のほとんどが、 ピンの甘い写るんですみたいな写真になってしまった。

明日、つかえるライフハック。

写るんです風な写真を撮りたいときは、 フォーカスを無限遠に合わせて1m~10mくらいの距離の被写体を写そう!

 
…………か、トイカメラ風に加工してくれるソフトを使おう!

大谷資料館

そのあと、大谷資料館に行った。宇都宮城の石垣は大谷石が使われていたというので、 他に大谷石の使われた城はなかったのかなどを知りたくて。

本当は飛山城址も見たかったのだけど、バスが一時間後だったのであきらめた。

大谷資料館はようするに地下坑道だから、夕方になってからでもいい……とか思ってたんですけどね。

予定が早まった分、資料館の前の大谷観音でバスを降り、そのあたりを散策。 平和観音とか大谷寺とか廃墟・廃屋、奇岩群も見られて、これはこれで良かった。

とくに大谷寺の磨崖仏は素晴らしかったです。写真撮影不可だったけど(ちぇっ)

無宗教で、あんまり仏像属性の無い私でさえウットリ見とれるほどの神々しさ。 これから大谷資料館に行こうっていう人は、ぜひこちらも見ておくべきと思います。

んで、大谷資料館。ネットだと、比較的ブログのネタにされることも多く、わりと今さら感がありますね。 観光客も若い人が多かった。

@nifty:デイリーポータルZ:巨大地下空間で大谷石ぜいたく三昧
http://portal.nifty.com/2010/02/09/a/
(↑大谷資料館についてはこれとか参照してください)

地下で暗いんで、写真を撮るのが難しそうだとあらかじめ覚悟していたけど、 予想以上にダメ写真の嵐になってしまった。

私の使ってる Caplio R5 が暗所に弱いというのもあるけど、 ISO400 + ミニ三脚使用でなんとか我慢できる写真になるのではないかと思った。甘かった。 ノイズが多くて不明瞭な写真ばかりになった。

感度を下げて長時間露光した写真の方は、まずまずの写真になってたので、めんどうくさがらずそうするべきだったんだな……と反省。

本日前半のAF設定忘れも相まって、もう一度来なければ……と思ったですよ>宇都宮。

twitter.com/mitimasu から転載

Sat, Apr 10
  • 00:04  @seotch 日本には八百万の神様がいますから。「わぁい」な神様が降りられたのでしょう。ヤマトタケルとか。  [in reply to seotch]
  • 14:33  大谷資料館みたぜっ http://f.hatena.ne.jp/mitimasu/20100410134721
  • 19:51  大谷資料館(採石場)行ってきたー。 http://bit.ly/dh8uhP
  • 19:56  高感度頼りで撮った写真はだいたいイマイチ。めんどうがらず長時間露光で撮るべきであった。 http://bit.ly/9pYX6B
  • 19:58  大谷石が使われた城って宇都宮城以外にないのかな?と思って大谷資料館に行ってみたけど、やっぱないっぽい。うーむ。
  • 20:00  もし3大ガッカリ城を選ばせてもらえるなら、宇都宮城はいまのところ優勝候補筆頭。地元の人には悪いが。かつての関東七名城のひとつがあれでは……
  • 20:01  ほんとうは飛山城も回るつもりだったのだけど、バスが一時間後だったのであきらめた。次の機会に。
  • 20:02  これで春の青春18きっぷ使用完了。外出中にバルサンやっとけばよかったと、すべて終わってから思った。遅い。
  • 20:04  大谷資料館を最初に知ったのは「カオスだもんね」だったかな。何年前だっけ……。ずっと行きたかった場所へ行けて大満足。
  • 20:05  さあ、調べるもんは調べたから下描きだ!
  • 20:33  大谷平和観音(つべ) http://bit.ly/9WKftw
  • 20:34  大谷平和観音(ニコ) http://bit.ly/czdAHT
  • 20:40  @shiotu 大雑把に言えば 140m(幅) × 140m(奥行き) × 30m(高さ) ぐらいらしいです。圧倒されます。  [in reply to shiotu]
  • 22:33  @shiotu 公式サイトに2万平方メートルとあったので概算しただけです。見学できる範囲はもう少し狭い感じ。私の体感だと 100 × 100m ですかね。  [in reply to shiotu]
  • 22:35  @dorufujix うらやましい……。なかなかの奇岩パラダイスでしたが、どこまで天然かわかりにくいのが難ですかね。  [in reply to dorufujix]
Powered by twtr2src.

a4Gmu.jpg (JPEG 画像, 900x628 px)

http://i.imgur.com/a4Gmu.jpg

自由の女神製作中写真。

大谷資料館の地下の空洞もそうだし、大谷平和観音もそうだけど、
「ただ、でかい」
というだけで人を魅了できるのはチートだと思う。

くやしいっ!でも写真撮っちゃう!パシャン パシャン

Powerd by rNote 0.9.7.5 / Copyright : 桝田道也(MASUDA mitiya) 1997- all right reserved.