このブログは移転しました。→http://www.masuseki.com/wp/ 300 秒後に移動します

日記/2010顕微鏡モード | 10.08.09 (月)

日記:2010-08-08

蝉の抜け殻_成増

キミたちはなんでそんな難易度の高そうな場所で羽化するのか。そんなにコンクリート好きか?安藤忠雄か?

蝉の抜け殻_成増

Optio W90 のスーパーマクロ。この「1cmマクロ+補助光 LED を点灯」の状態が メーカーの言う『顕微鏡モード』らしい勘違いでした。追記→:ttp://www.masuseki.com/index.php?u=diary/2010/diary100809.htm#09_02が、さすがに誇張しすぎだと思う。

補助光は、こういうツヤツヤテカテカしたものの描写に向いていると思った。

蝉の抜け殻_成増

1cm マクロはリコーのお家芸っぽいところがあったけど、較べると Optio の方が被写界深度が浅いような気がする。ちゃんと検証してなくて単なる思い込み。印象語りですが。

被写界深度が浅いと背景のボケが綺麗な気もするけど、腕がないから気軽に撮れない。 肝心の部分がボケてたり。
「もう少し後ろにピンを合わせてくれよう>AFぅぅぅぅぅぅ」
とか、機械のせいにしたり。

とにかく電子式手ぶれ軽減がアテにならないので、 私みたいなへっぽこには難しいです。

高感度撮影時のノイズが今まで使ってきた Caplio R5 よりは少ないので、ISO を上げることを怖れないという自分の意識改革が必要なのかも。


なんか色々雑用があってネームにとりかかれない。

twitter.com/mitimasu から転載

Sun, Aug 08
  • 17:06  http://brizzly.com/pic/383Y 雪と桜と紅葉と同様、セミの抜け殻も毎年撮るのです。残りの人生であと何回、蝉殻を観られるだろうか。
  • 19:32  【怪談】 ね、うし、とら、う、たつ、み、うま、ひつじ、さるとる、いぬ、い……いっぴき足りなぁ~いぃぃ…………
  • 21:44  明日からエグゾ出す!
  • 21:57  エプソンの ScanSnap 対抗機って発売延期になってたのか。重送検知ができないんじゃ勝負にならんと直前で気づいた?
Powered by twtr2src.

> YouTube - The History of Comic Sans at ROFLThing NYC

Comis Sans MS の作者が語る、Comic Sans MS の歴史。

作者がいたのか。そりゃ、いるか。

(英語圏で)もっともダサいフォントの作者として認識されるってのも辛いものがあるかもしれん。

そうでもないか。

ダサいと認識されたというのは、ウザがられるほど普及した証し。

動画の冒頭に「The World's favourite font!?」とあるけど、 ある意味ではまさしく Helvetica 以上に名前とグリフを知られたフォントなのだろう。

日本でダサいフォント扱いされてる『DFポップ体』もそうだけど、 ちょっとくだけた感じのするフォントってあまり堅苦しくしたくないときに使いたくなるんだよね。

OA化、IT化が進むほど、機械くささを消してラフな感じを出したいという意識が働くんだろう。

それはそうと、英語はよくわからないのだけど、動画を見た感じ Comic Sans MS はあの Microsoft BoB のために作られたフォントってことでいいのか? なんだよ、やるじゃん>BoB。まったくのムダじゃなかったわけだ。

Powerd by rNote 0.9.7.5 / Copyright : 桝田道也(MASUDA mitiya) 1997- all right reserved.