このブログは移転しました。→http://www.masuseki.com/wp/ 300 秒後に移動します

日記/2011ながらとれず | 11.12.13 (火)

日記:2011-12-11,12

晩秋の夕暮れ

夕暮れ時。

時間だけはあり余ってるので、 今年の帰省は18きっぷで、西日本の城を見ながら3日かけてゆっくり帰ろうかと思っていたのだけど。

18きっぷは買ったけど、ムーンライトながらが全席埋まっててとれなかった。 26日発なら少しくらい残席あるだろうと甘く見てた。

不景気だからなのか、少し景気が回復して18きっぷを使えば帰省できる!って人が増えたのか。前者だろうなー。

まぁ、横になって寝られるわけじゃないので、ムーンライトながらを使うとだいぶ体力を消費しちゃう。だから、たっぷり寝て始発で東京を出るのも悪くないっちゃ、わるくない。 ただ、下手をすると、大都市じゃない、ネカフェやカプセルホテルの充実してない地方都市で夜を明かすはめになっちゃうんだよな。

松江城と出雲大社にするか。広島城と厳島神社にするか。宇和島城と大洲城にするか。 悩む。二兎を追うより一箇所をじっくり見たほうがいいような気もするし……

乗り継ぎに失敗してファミレスすらない街で始発待ちしなきゃならなくなったときに備えて寝袋を持っていくべきかどうか。冬野宿はいやだなー。

ビッグコミックオリジナル:一月増刊号に杉作先生の読みきりが載っているというので購入。読んだ。

パンチラ(笑) 予想外のとこから後頭部を殴られたような衝撃が(笑)

ノルマ的に入れられるパンチラには何の感動もないけど、 まさかと思う作家によるパンチラには作家の意外な側面が見えたというチラリズムが溢れてて素晴らしい。

twitter.com/mitimasu から転載

Sun, Dec 11
  • 05:43  ブログ更新。昨日作った動画へのもう少し詳しい言及 / 画面から出てくる女の子への挑戦 - 桝席 http://t.co/Nf9ebgnp
  • 08:02  やっとコタツふとんを引っ張り出して干した。さて、コタツをセッティングできる程度には足の踏み場を作らないと……
  • 09:55  しじみ70個ぶんの血から…… ウコンの血から…… コリオリの血から……
  • 20:11  ダイソーでカッターの刃を買ったら「折れば新しい刃が12回つかえる!」とか書いてあって、 ”あたりまえのことを堂々と宣伝コピーにする”のって大事なことだと思った。マシン語 100 %! 秒間 30 フレーム! Don't Be Evil !!
  • 20:54  ゴルフ場のクラブハウスの電話が鳴った。「は、林の中に打ち込んでしまったんだが、ボールを捜しに行ったキャディーが毒蛇にかまれちまって…」「わかりました。すぐ行きます」 血清を用意して出発しようとしたとき再び電話が鳴った。「もう大丈夫です。ボールは見つかりました」
  • 23:19  桃鉄ツクールとかあれば、暇を持て余した鉄人のすさまじい作品とか生まれそうな気がするんだが。そして路線の再現度重視・ゲームバランス軽視の鉄系クリエイターと、路線の再現性軽視・ゲームバランス重視のボドゲ系クリエイターの宗教論争が勃発。
Mon, Dec 12
  • 00:28  @tetsu3594 オウガバトル(伝説もタクティクスも)は、あーだこーだ考えながら編成してるときがいちばん楽しいです。  [in reply to tetsu3594]
  • 12:49  18きっぷ購入。ながらはすでに満席だった。甘かった。どうすっかなー。
  • 16:44  @mizuno_as ゆっくり三日くらいかけて西日本の城のどこかを見ながら……という計画です。  [in reply to mizuno_as]
  • 16:49  @ubuntumag おずおずと申しますが vol.6 が届いておりません。集合ポストなので抜き取られた可能性もありますが……
  • 17:03  ヘルプはバルーンよりステータスバー表示の方が好きだ。バルーンは直感的だけど、表示までのタイムラグがかったるい。ステバは瞬時だから。 / “窓の杜 - 【REVIEW】高機能で軽快なペイント系グラフィックソフト「FireAlpaca」” http://t.co/xjkzkRo7
  • 17:06  年末ジャンボ、バラで1枚だけ買った。 なんだ……ほとんど可能性ゼロに近いじゃないか!…… でも買わなけりゃ……確実なゼロだ!!
  • 17:10  ムーンライトながら、今年は24日でさえもう満席。数年前は、 28~30 日以外はわずかに空席が残ってたものだけど。
  • 17:14  一回も乗り継ぎミスらなきゃ、ながら使わなくても新山口まで行ける机上の計算だが……
Powered by twtr2src.

ペンシルバニア鉄道 S1

http://i.imgur.com/fhdHb.jpg

かっけー。

むかーし、マルチメディア(笑)ゲームで「GADGET」ってゲームがあって、遊んだことはないのだけど、その広告でこの機関車を見た記憶がある。 実在したのか。約 70 年前( 1939 )のデザインとは思えん。いや、思えるか。そうか、流線型ブームってこのころだったっけ。

  PRR S1 - Wikipedia, the free encyclopedia
  http://en.wikipedia.org/wiki/PRR_S1

実際に走ってる当時の映像とか残ってないのかねぇ。YouTube に無いってことは、ないのかもな。

日本各地で走ってる観光 SL も、流線型じゃないのばっかし。 流線型車両といっても、速度 100 km の蒸気機関車では空気抵抗の軽減効果が少なく、熱がこもりやすく、メンテが大変とデメリットだらけで結局ガワが外されたのが多いらしい。 実際に走れる流線型蒸気機関車って残ってないんですかねぇ。


コメント

1: すぎさく (2011/12/15 01:35)
いや~ パンチラを見られてたとは わははは 思いっきり小さく描いたのですが

2: 桝田道也 (2011/12/15 06:44)
ドキドキしました(笑)

この記事はコメントおよびトラックバックの受け付けを終了しました。

Powerd by rNote 0.9.7.5 / Copyright : 桝田道也(MASUDA mitiya) 1997- all right reserved.