このブログは移転しました。→http://www.masuseki.com/wp/ 300 秒後に移動します

日記/2014古い写真から | 14.04.28 (月)

日記 2014-04-12~2014-04-28

夏用のカーゴパンツを物色しにホームセンターへ行き、フィルムスキャナが¥ 3,000 円で売られてるのを発見。 もう邪魔になるものを増やしたくないという気持ちもあったのだけど、 未スキャンのフィルムがあるにはあり、 Amazon 価格で¥ 8,000 くらいのものが ¥3,000 円ならお得にはちがいないと思って結局購入した。

CABIN 35mmフィルム用 フィルムスキャナー CFS-02 CABIN 35mmフィルム用 フィルムスキャナー CFS-02
Amazon.co.jpで詳細を見る

まあ、だいたい Amazon のレビュー通り。4:3 で取り込まれてしまうのは、プロユースで考えたら致命的に問題よね。 私のようにレンズ付きカメラのフィルムをスキャンするならいいとして。

画質は懸念していたほど悪くない。2000 年当時のハイエンドデジカメの画質がいまや携帯カメラにも劣りかねないように、 技術の進歩はフィルムスキャナ界にも恩恵があったらしい。むかし私が持ってたフィルムスキャナ(これもエントリー機だったけど)より、はるかに速くて綺麗だった。

でも、撮ってたのは仲間内の旅行スナップとかで今じゃ連絡つかない人ばっかりだから、勝手にうpるわけにもいかん。

 (たぶん1999 年1月の)日光にて 華厳の滝

華厳の滝。日光に行ったのは、たしか 1999 年の一月ではなかったか。その先月にモーニングに持ち込みしてた。 持ち込んだ原稿をその場でちば賞に応募することにして預けて
「ネーム描けたら見ますよ」
と、顔を洗って出直せではないという評価をいただいた頃だ。

 (たぶん1999 年1月の)日光にて

雪が降って幻想的に美しかった。なお写真はレンズ付きフィルム(白黒。ISO 400)。金ぴか極彩色が売り物の東照宮を白黒で撮ってどうする>自分。

 (たぶん1999 年1月の)日光にて

泊まった旅館の近くかな。

 (たぶん1999 年1月の)日光にて

若いのか、変わってないのか、自分じゃよくわからない。

 たぶん 1999 年の私の部屋の様子

これは旅行に関係なく、当時の私の部屋。浅倉家一巻はここで生まれた。

部屋も片付かず、勉強も進まず、洗濯もできず、ネームも進まず、私的な原稿をする時間を作れず。

今まで一度も妹に誕生日プレゼントを贈るということをしたことがなかったけど、 いつのまにかメールが届かなくなっており、 新しいメアドを教えてもらえるよう賄賂的なものを贈った。なさけない兄だ。

たしかニョロニョロ好きだったよなー、と銀座松屋までムーミン展のグッズを買いに行った。やばい。欲しいものばっかり。 自分の物欲はなんとか抑えたけど、ついつい妹用だけでなく、姪のためや甥のためや義弟の分もささやかなものを買い込んでしまった。

よろこんでもらえるといいんだけど、甥と姪はどうだろね。ムーミン知らないだろうし。

'90 年代のムーミンは見てないので出来不出来はわからないけど、やっぱりフローレンじゃねえよなあ、と思ってしまう。 いや、ノンノンじゃなきゃいやだというわけじゃなく。 なんか露骨にドイツ語なのがちょっと。あの世界には、国籍を感じさせないネーミングが合うと思うので。同じ理由でスニフとスティンキーはミスネーミングだと思ってる。

子供には見たがるものを見せとけが持論の私。でも、姪や甥がプリキュアやライダーよりムーミンを見たがる子に育ってくれたら嬉しいやね。そのキッカケになれば。

Tove Jansson’s The Hobbit - Imgur

  http://imgur.com/a/RyuuQ#0

『ホビットの冒険』スウェーデン版の表紙だそうな。

最初、ちゃんと見出しを読まず、 『ホビットの冒険』をトーベ風に描いたパロディ・ファンアートの一種と誤解しかけた。 ネットとSNSが普及して以降の、この手のパロディファンアートに毒されすぎてる私。

Powerd by rNote 0.9.7.5 / Copyright : 桝田道也(MASUDA mitiya) 1997- all right reserved.