このブログは移転しました。→http://www.masuseki.com/wp/ 300 秒後に移動します

感想文/遊んだものゼルダTP 今ごろプレイ日記(1) | 07.05.19 (土)

『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』今ごろプレイ日記(1)

『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』
http://www.nintendo.co.jp/wii/rzdj/index.html

zelda_tp.jpg

発売から半年たって、ようやく購入。GC 版。Wii 持ってない。 Wii リモコンでのプレイは……あんまり興味無いな。

半年遅れで感想を書くことに、どれほどの意味があるのかよくわかりませんけど、 中古じゃないゲームを買うのは去年の MOTHER3 以来なので、せっかくだから。

ぶっちゃけていうと、あーんまりトワイライトプリンセスに惹かるものが無かったんですよ。 購入前はグラフィックが綺麗になっただけとしか思えなかったですね。 ムジュラでもタクトでもゲームシステムの基本的な部分はオカリナと変わらなかったので、 今回もまた、ディスクシステム版→神トラや神トラ→時オカの時のような驚くほどの進化は無いのだろうなー……と予想してました。

それはそれでいつもの面白さが提供されるだろう、ということでもあるんですけど、 やっぱり私がゼルダに期待するのは驚きなんですよ。 その驚きをまかせるには、Wii リモコンじゃ荷が重いと思うのです。

そういう意味では、むしろ DS ゼルダが期待ですね。DS 持ってませんけど。

電源投入

さあ、そんなんでゼルダなのに気分がいまいち盛り上がらない私。 だるそうにディスクをセットして電源ON。すぐに始めずデモを見ます。

時オカのようにエポナに乗って走るリンク。 これまた、グラフィックは綺麗になったけど
「またかよ……」
という感じは否めない。時オカのときは大地を疾走するリンク&エポナを見ただけで
「これだ!これを待っていた!」
という電流が背筋に走ったけど、今回はそれが無い。

リンクが消えたと思ったら、狼(犬?)が吠えていた。なんじゃらほい。 今回の敵?

この半年、ゼルダ情報を極力避けていたので、基本的な前情報も知らない私。

タイトルが表示されたけど、そのまま待つ。別のデモが開始。

!!!リンクがっリンクが犬にーーーーっ!!! そうか、さっきのはリンク自身っすかー!

リンクが壁を歩いてるーっ! それオレも考えてたんだよ64ゼルダやってたころ、 沈むブーツとか宙に浮くブーツがあるなら壁を歩けるブーツがあってもいいんじゃねえ? それでフックショットで壁から壁に飛び移っていくダンジョンとか面白そうじゃねえ? と思ってたんだよやめろやめろオレの頭を覗くな思考を読むな(←だれでも思いつくって)

女キャラかわええ……

盛り上がってまいりました。ハートに火が点きました。

スタートボタンを押す。いつもの音楽が流れ出す。――ここで、背筋に電流が走りました。

ゲーム開始

プレイヤーキャラ名変更。リンク→ミチ、エポナ→ジャングラ。 馬の名前は仮面ライダーアマゾンの愛車から(アマゾン好きなので)。 最後の音引きを入れると途端にメカッぽくなるので、音引きを取った。

操作は風タクとほぼ同じなので、特に悩むところは無し。 釣り竿をもらったあと、どうやってX・Yボタンにセッティングするのかわからず、 そこだけマニュアルのお世話になった。

視点を切り替えて空を見上げる。猛禽が飛んでいる。 いつものフクロウおじさんだろうか?

あちこち歩く。おお、穴だ穴だ。入れ入れ。ずりずりずりずり。 ……ん?村娘と馬がいる。まずい!イベントが進んでしまう!逃げろ!

十分散策したあと、イベントを進めて村へ。 おお、蔦だ蔦だ。登れ登れ。わしわしわしわし。 草笛吹いたら、鷹が来た。さっきの猛禽はこいつだったのか。 ふむ、狙いを定めて鷹を飛ばせるのか。ハートのカケラは……さすがに、見当たらないな。

NPCにけしかけてみるも、あんまり面白くない。 ここでは特に何も無いのか……? いやまてよ!そうかこいつだ!

うへへ。青ルピーと黄色ルピーをゲット。 他にもいけるところがあるかもしれないけど、満足したので牧場へ行ってイベントをこなした。

木刀を手に入れて、やけにバタくさい3人の子供を追って森の奥へ。 檻のところで、少し強い敵がいても良かったんじゃないかと思った。 神トラの、最初にゼルダ姫が捕らわれている檻の前の番兵のようなやつ。

早くもビンが一つ手に入ったし、難易度は風タクと同レベルなのかな。 個人的にはもう少し難しくていいと思うのだけど。 風タクと時オカの中間くらいが自分の好みだ。

最初のハートのカケラをゲット。ん?5つ集めればハートの器が一つ増える? なに、インフレしてんの!?

今日はここまで。

Powerd by rNote 0.9.7.5 / Copyright : 桝田道也(MASUDA mitiya) 1997- all right reserved.