このブログは移転しました。→http://www.masuseki.com/wp/ 300 秒後に移動します

感想文/遊んだものゼルダTP 今ごろプレイ日記(9) | 07.07.10 (火)

『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』今ごろプレイ日記(9)

『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』
http://www.nintendo.co.jp/wii/rzdj/index.html

トワイライトに入ってザントを倒した所まで。

砂漠の深いダンジョンの、鎧騎士が三体で襲ってくるところをしのげない、でもマジックアーマーを使うのは嫌……ということで、後回しで本編を進めることにした。

砂漠の穴は最後の奥義を覚えてからにしよう。

……と思ったけど、トワイライトでわしも考えた。

「たぶん、ハイラル城がラストダンジョンだと思うけど、そうじゃなくてここ(トワイライト)がラストダンジョンだったら嫌だなぁ、というか、この先で吠える場所って無さそう? もしかして奥義ひとつ取りこぼしてる?

不安になったんで、いったんトワイライトを出てハイラル全土をくまなくあるいてみた。

見事に、ハイリア湖で吠え忘れてた。ぁぅぁぅぁ。

奥義は全部覚えたけど、これで鎧騎士×3に勝てるとは思えないなぁ。 大妖精ゼリー、使わなきゃダメかなー……。レアチュチュ×3集めて挑むか……と、悩み中。

んで、トワイライトのダンジョン。

マジックハンド?との追いかけっこは楽しかった。

いままで執拗なほどヒントを教えたがったミドナが
「どうすればいいか、わかるよな?」
と急に態度をひるがえしてプレイヤーを突き放しはじめたのに噴いた。 逆ツンデレ?

でもダンジョン自体はネタ切れ感が……。せっかくの黒い霧ギミックがあまり生かされてない。

鍵を見つける小クエストと鍵のかかった扉がそれぞれの部屋の中で完結してて、 ダンジョン内をさまよわなくてすむのはラク。 クリアしてしまうのが惜しいけど、とっととクリアしてゲームから解放されたい気持ちもあって、 そういう気持ちをよくわかってるダンジョンだった。

でも、なんとなく手抜きなダンジョンだなー、という気持ちもぬぐえない。

ミドナが自分の心理変化を全部セリフで説明してたところで、 もうちょっとスマートに処理できなかったのかいな、と思った。

セリフはもっと最小限に絞って、ここまでのイベントをミドナ視点でリプレイしたりゼルダ姫とのイベントをフラッシュバックさせるなどして、 ミドナの表情の変化で心情を表現して欲しかった。

好みの問題だろうけど、私はキャラクターが自分の心情を全て言葉で説明するより、 行動や比喩で視聴者に汲み取らせる演出の方が好きだ。 そのやり方こそが作り手の腕の見せ所だと思うから。 そういう演出はゲームじゃ難しいいんだろうけど……

.vs ザント。うひー、引っ張ったわりにはつまらん顔だー。

ボス戦そのものは、まぁまぁ面白かった。

ザントがオモシロ兄さんな人なのって、どうなんだろう。 本気で笑わせようとしてやってるのか、 危ない人を演出しようとして失敗してるのかよくわからない。

前者だと思うけど、愉快ボスは時の神殿のボスで十分なのであって、ラス前のボスでやられてもな……。

風タクのガノン戦の前のあやつりガノン戦も似たようなボス戦だったけど、 直後に本物との戦いがあったから、対比として利いていた。 この vs.ザントはどうかな。このあとハイラル城に行ってみないとなんともいえないか……。

ハイラル城入りを前にして

いよいよラストダンジョンなのだと思うけど。

黄金の虫が残り5匹。ゴーストの魂があと13匹。 ハートの器は18個。 ラスボス戦の前に済ませておきたいのだけど……

黄金の虫はともかく、ゴースト13匹って……。どこにいるんだ?そんなに。

ハートの器の最大値は20なのか? じゃあカケラがあと10個あるということ? 想像もつかない……

やっぱり先に砂漠の穴か……

雪山

氷すべり。イエティの嫁さんに勝つまで、15回くらいかかった。 レースゲーは苦手だー。

Powerd by rNote 0.9.7.5 / Copyright : 桝田道也(MASUDA mitiya) 1997- all right reserved.