このブログは移転しました。→http://www.masuseki.com/wp/ 300 秒後に移動します

お知らせ/自著物解説『えれきてり源内』 | 06.07.28 (金)

『えれきてり源内』について

gennai.png

『コミック乱』2006年九月号(2006/7/27 発売)掲載です。よろしく。 既存のものとは一風異なる源内像が描けたと自負しております。 単にデブキャラにしただけ、という気がしないでもないですが。

参考文献

図録は、たまたま担当さんが持ってらしたのを借りました。助かった!

自作語り

私のよく使う、理屈くさい笑いの極北に位置する作品かと思います。

疑似科学論を展開するのは楽しかったです。

放電現象。 ……ゑれきてるの周りに雷光が走ってますが、演出上の記号です。 いわゆるマンガのウソというやつです。 ゑれきてるのような初期の摩擦起電機でこんな派手な放電現象が起きないことくらいは、 物理化学は高1でついていけなくなった私にもわかります。

漂白剤『ヒラゲン』。 ‥‥このコマが好き。

牛の尻に…。 ‥‥名号牛が「馬の耳に念仏」のもじりという説は無く(少なくとも私は未見)、 私の思いつき……なんだけど、当たってる可能性もあると思う。10円かけてもいい。 まぁ、名号牛の念仏は尻じゃなくて背中に描いてあったらしいけど。

クシャクシャ流線
gennai_01.jpg
‥‥〝ローテク・テクスチャ - 桝席〟 で作った背景です。使ってみました。

ちょっと愛国主義者っぽい源内。 ‥‥既存の源内像って、封建主義から逸脱した自由人っぽく描かれているのが多かったので、 差別化するためにややナショナリストっぽくしてみました。 実際のところどうだったんでしょうね。

談林派 ‥‥パロディのために、久々にGペン引っ張り出して描いた。 楽しかったけど、あんまり上手く描けなかった。むずかしい……。

ブー ……雷様といえばこの人、というくらいに国民の共通知識になってるので、 大目に見て欲しい。

陰陽五行 - 対流 - プリズム。 ‥‥この辺の論理の展開が楽しくて楽しくて。 大真面目に嘘を展開するのって気持ちがいいです。 民明書房やMMRのパロディをやりたくなる気持ちを抑えるのが大変だった。

はまゆう丸。 ……別に、なんのパロディでも小ネタでもないです。なんか舟の名前が要るから適当に付けただけ。 小ネタは、船べりに設置してあるブツでしょうか。

手つなぎびっくり。 ……このような挿し絵の蘭書は無いです。念のため。桝田の創作です。 ダミー欧文は、http://www.lipsum.com/で生成しました。 ラテン語です。つまり、オランダ語でもないです。

ゑれきてる透視図
gennai_02.jpg
……実は上部のフックの向きが現存している本物と逆。意図的なものではなく、単なるミス。

奉行所。 ……本当は〝○町奉行所〟としたかったのだけど、 源内を取り調べたのが北町奉行所だったのか南町奉行所だったのか、 ネットや近所の図書館で調べた限りではわからなかった。

紅毛雑話。 ……模写。オリジナルは見開きなので、 そこはそれうまい塩梅につながるように修正して描きました。 模写ならでは。

最後に

源内が起こした殺傷事件の詳細は、実際には不明な点も多いらしいですね。 不明ということは創作の余地があるということだ……てな感じで作ったのが今回の作です。

中々いいオチの案が出ず苦労していたら、
「別にギャグで締めずに、ちょっといい話……な感じで終わってもいいのではないか?」
と担当氏に提案され、そうなりました。 没オチでは舞台が現代に飛んでメタ視点で源内評をしてみたり……と、ド迷走していました。 なんか助けられたように思います。担当氏に感謝。


コメント

1: ke_i (2006/08/02 14:48)
最新の雷理論にわたしも納得してしまいました。楽しかったです。
陰間天狗も楽しみにしていたのに休載になっていたのがちょっと残念。

2: 桝田道也 (2006/08/03 00:17)
プリズムが源内の時代の日本に輸入されてたかどうかが、
調べてもよくわからなかったんですけど (^^;
裏付けが弱い部分をしれっと流すのがまた描いてて楽しいんです(ぉぃ

3: あらい (2006/08/07 21:41)
 今月号の「乱」掲載の「えれきてり源内」を拝見させて頂きました。
枡田先生の作品はどれも非常に「にやっ」とさせられるものであり、毎回
楽しませていただいております。

「談林派」のコマみたいなの(パロディ)は個人的にかなり好きです(笑)。

これからのさらなるご活躍を期待いたしております。

4: あらい (2006/08/07 21:59)
あ…お名前の漢字が…!
大変申し訳ございませんでした。

5: 桝田道也 (2006/08/08 03:25)
「談林派、何度言っても消さないんだもんなー」
と担当氏がボヤいてましたよ。
担当氏も気に入ってたギャグではあったんですが、
やはり編集部の若い人の中にはピンとこない人もいたらしく……
でも、万人受けしなくても消すには勿体なさすぎるパロだったんで、
ゴリ押ししました(笑)

6: Janessa (2011/09/19 10:56)
Learning a ton from these neat ariltces.

この記事はコメントおよびトラックバックの受け付けを終了しました。

Powerd by rNote 0.9.7.5 / Copyright : 桝田道也(MASUDA mitiya) 1997- all right reserved.