このブログは移転しました。→http://www.masuseki.com/wp/ 300 秒後に移動します

お知らせ/自著物解説『ファンブル5』第三話について | 06.10.05 (木)

『ファンブル5』第三話への自己言及

f5_3_0.jpg

『少年ブラッド』2006 年 10 月号( 2006/9/12 発売 )掲載されたマンガです。

いつものように自作語りをウダウダとやろうかと思うんですが、実はあんまり書く事が無いんですよね、この回。


たった8ページなのに見開きを入れてみました。 そのせいで全体的にゴチャゴチャになって読みづらくなりましたけど……。 主人公が空を飛ぶマンガはヒットするというジンクスをネットのどこかで聞きかじったので、 とりあえず見開きでどーんと飛ばしてみました。

『空とぶ冗談』書名

f5_3_1.jpg
〝Flying joke〟を Google 翻訳でアラビア語に変換。合ってるかどうかはわかりません。

香港

f5_3_2.jpg

〝華府飯店〟= ワシントンホテル。深い意味はありません。看板を埋められればなんでも良かった。今は反省してい(略)

「什起了 !?」「我吃驚 !!」。エキサイト翻訳を利用。それぞれ、「何が起きた !?」「私は驚いた !!」の意味になりそうな3文字をチョイスしてみましたが、合ってるかどうかはわかりません。

こういうコマって描き込んでるわりに紙媒体だとサラッと流されるコマなんですが、 コマ毎に分断される携帯だとじっくり見てしまうんですね。 描き込んだのが見てもらえて嬉しい反面、 そんなに重要じゃないコマで読速度が落ちるのは困るなぁ……と思った。 紙とウェブと携帯のすり合わせって難しい。

f5_3_3.jpg
PEPPEN。パチ物なので、CD-ROM ドライブがありません。

f5_3_4.jpg
スペル間違えた。誤)FUNBLE → 正)FUMBLE 。は、恥ずかしい……

ラスベガスというとバイソンステージ、という具合に脳に刷り込まれてしまっているので、 つい、脊髄反射で……。カプコンの中の人は大目に見て欲しい。

8ページ目のシキリーがぶん殴ってるコマは別に何のパロディでもないんだけど、 なんだか何かのパロみたいな雰囲気がありますね。 単に乱舞系の技で殴っている図を表現したかっただけで、 特定のモデルがあるわけじゃないんですが。

以上、自作語りオワリ。

Powerd by rNote 0.9.7.5 / Copyright : 桝田道也(MASUDA mitiya) 1997- all right reserved.