このブログは移転しました。→http://www.masuseki.com/wp/ 300 秒後に移動します

お知らせ/自著物解説『ファンブル5』第 10 話 | 07.04.17 (火)

『ファンブル5』第 10 話について

cont10 : 「星部温泉事情あり」の件
http://comics.yahoo.co.jp/magazine/blood/huxannbu01_0001.html
掲載期間:2007/04/10 ~ 2007/05/16

f5-10_01.png
…げ!アンナの耳を塗り忘れてる。がちょーん。

タイトル元は言うまでも無く『西部戦線異常なし』から。 言うまでも無く……と言いながら、原典は読んだことないんですけど(そんなんばっかし)

前回 conte 9 のパンモロに続き、混浴……。なんか溜まってたのか自分。

conte8 「走れ! そして成れ!」の件、conte9 「電車は踊る」の件……と、 ややキワモノが2回続いたので、バランスをとろうと手堅いギャグマンガにしたつもり……なんですが、成功してるのかどうか。

〝宇宙モノ〟はこれからもちょくちょく描いていきたいですね。 連載が続けば&ネームが通れば、ですけど。

宇宙船のデザインは、もちろんエンタープライズ号インスパイアもありますが、 何より物語の都合上、このデザインでなければならなかった……のは、 読んでいただければわかるはず(笑)


f5-10_02.png
間欠泉=『JumpBug』(→Googleイメージ検索)、 と観念が固定化されてしまっているので、 フェイク画像を作ってオマージュの念を示さずにいられなかったんですが、 やっぱり余計だった。

f5-10_03.png
残念なことに、自分が子供の頃はなぜか『できんボーイ』に縁が無かった(周りに単行本を持ってる人がいなかった&サンデーを読む機会が無かった)ので、 私がはじめて読んだ田村信先生のマンガは、『エッジ』なんですよね。

しりに筆で「しり」と書くのが、なぜこんなにも楽しいのだろう。

6ページ目の背景の惑星は、もうちょっと丁寧に描くべきだったと反省。 遠景だから、あえて雑に描くべきだろうと思ってやったんですけど、 雑すぎた

- アフィリエイト広告 -

『るるぶ日本すみずみ船の旅―ぶらり、のんびり、風に吹かれて 』 (大型本)

ad_image
  • 出版社: JTBパブリッシング (2007/03)
  • 商品の寸法: 29.4 x 20.6 x 0.8 cm
  • 価格: ¥ 1,050 (税込)

Amazonで詳しく見る


.

Powerd by rNote 0.9.7.5 / Copyright : 桝田道也(MASUDA mitiya) 1997- all right reserved.