このブログは移転しました。→http://www.masuseki.com/wp/ 300 秒後に移動します

興味・関心/マンガおくやみ : 杉浦幸雄 | 04.06.19 (土)

おくやみ : 杉浦幸雄

現役最高齢のマンガ家、杉浦幸雄先生が逝去なされました。
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/fu/news/20040619k0000m060166000c.html

享年92。謹んでご冥福をお祈りいたします。

杉浦先生と言えば、齢90を超えてなお週刊で漫画サンデーに描きつづけた「面影の人」(1983~2003)があまりにも有名。週刊連載の最高齢記録として今後も長く残りつづけるでしょう。

取り急ぎ、ぐぐってでてきたページから、語録などを。

中日新聞 土曜訪問

「彼(谷岡ヤスジ)が、(「面影の女」を)非常に高く買ってくれましてね。 あれだけの天才に激励されたんで、僕も励みになったんです。 あの人が元気だと僕も元気でしたねえ」
「僕が二百歳になったら、ぜひまた皆さんインタビューに来てほしいなあ」
「世の中、いろいろ動いているから、 漫画家は奮起しないといけねえなあ。せっせと外に出ないとね」

私の選んだ道(月刊「進路指導」)

「八月十五日に広場に集められ,直立不動で玉音放送を聞いたときは, ガーガーピーピーと拡声器の調子が悪く,お言葉の意味がまったくわからなかった。
「ロシアと戦争するからもっとしっかりしろ」
とおっしゃってるんだろうと,まあ勝手に解釈していました(笑)。 ほとんどの兵隊はみんなそうだったと思いますよ」
「漫画家になったら忙しくて勉強なんかできないから,出来るときに一生懸命勉強しておけ」

心のこもった弔辞(橋本知事の「とりあえず一言」 )

「横山くん、とうとう死んじゃったんだね。 何故そんなに早く逝っちゃったんだい」
(漫画家 横山隆一(享年92)の葬儀での、追悼の言葉)

高齢者を追って(八十路からの健康談義」 )

「今は時代が濃厚だから、昔のような洗練されたエロじゃ通用しない。 これでもかと描かなくちゃ。でも戦争で表現が統制された時代があるから、今の方がいい。
ひでえの描きやがるなと若い者を批判するより、 よーし、おれはもっとすげえのを・・・・・という気になる。」

人徳の高さが伺い知れる言葉ばかりです。こういう風に歳をとりたい。

Powerd by rNote 0.9.7.5 / Copyright : 桝田道也(MASUDA mitiya) 1997- all right reserved.