このブログは移転しました。→http://www.masuseki.com/wp/ 300 秒後に移動します

自作マンガ/中編このページは移転しました | 08.06.21 (土)

このページは移転しました↓

『ダジャレ禁止法時代』 | 桝席
http://www.masuseki.com/wp/?p=1088


コメント

1: ke_i (2008/06/25 20:31)
なぜでしょう、ちょっとほろりとしました。
おもしろかったす。おいらがオヤジだからですかね。
おやじギャグで、ほら自虐。

無理ありました。。。

2: 桝田道也 (2008/06/26 01:49)
人はなぜおやじギャグを言うのか。
なぜなら、そこに無理があるからだ。
ジョージ・マロリー(1986 - 1924)

>無理ありました
だが、それがいい!というやつですよ。
幾多の無理を越えたところに何か鉱脈があるような気がしたのです。
あとは、やらずに後悔よりもやって後悔を!とか。
オッサンは描いてて楽しいですね。

3: ke_i (2008/06/27 01:00)
わたしの理解では、オヤジになると、思いついたことは口に出さないといけないと思ってしまうのです。
昔、実家の引っ越しがあった時にもちろん私も荷物の出し入れに
子供ながら携わったわけです。で、ちょっとしたものを両手にぶら下げて歩いてると、
「ke_iちゃん、もっと重いの運べばいいべや」
(実家、北海道です)
とかオヤジの一人に言われて、返した言葉が
「いいんだ!二つ持つからに物だ!」
でした。
一休さん、お前は俺か?みたいなおやじ好みのギャグだったと思います。
それからわたしはオヤジを下に見ていたのかもしれません。
懺悔の値打もないですが。

4: 龍平 (2009/09/25 01:09)
ここ数年さまざまな漫画を読んで来て、一番笑えました!
ありがとうございます。
ファンになりました。

5: 桝田道也 (2009/09/25 10:07)
ありがとうございます。
どうか、末長いご愛顧をよろしくおねがいします。

6: もちもち (2010/10/13 14:25)
14枚目7コマ目よだれ垂らしたやつがおるwwww

7: 桝田道也 (2010/10/13 18:42)
キラリと光る匠の気配りってやつですよ(違

この記事はコメントおよびトラックバックの受け付けを終了しました。

Powerd by rNote 0.9.7.5 / Copyright : 桝田道也(MASUDA mitiya) 1997- all right reserved.