このブログは移転しました。→http://www.masuseki.com/wp/ 300 秒後に移動します

製作物このサイトのサンプル | 99.07.01 (木)

見出し(H3)

本文。なお、H1 は右上のサイト名表示に、H2 は記事ボックスの記事タイトル表示にそれぞれ使用しています。

画像表示。
画像

class="komawari" この見出しは H4 です

<p>タグの段落を変則的に並べるクラスです。

この要素の下では、一つ目と二つ目の段落は幅が親要素の 43 %で左寄せになります。二つ目の段落はフロートをクリアします。

3つ目の段落は親要素の 90 % の幅になります。 読み手は横書きマンガのコマ順のように、Z型で段落を読むことになります。

リストのサンプル この見出しは H5 です
  • 太字 <b>タグを使うとこうなります。
  • 強調1 <strong>タグを使うとこうなります
  • 強調2 <em>タグを使うとこうなります。
  1. <i>斜体タグ。普通は使わず<span>タグでスタイル指定してます
  2. <sup> <sub> <kbd>
  3. 打ち消し線あとから挿入した部分

長い記事では↑ここに広告を入れてる。

テーブルのサンプル この見出しは H6 です
定義リストのサンプル引用のサンプル
dl,dt,ddblockquote,q
りんご
丸い
ごりら
甘い
らっぱ
怖い
引用部分のサンプル。cite 属性については特に設定なし。

<q>タグ。インライン引用
その他  この見出しは H7 です(使用しないため設定を書いていない)

リンクには hover 属性を指定せず。個人的に hover を感知されるの嫌いなので。

フォントはファミリー名までの指定にとどめるのが私の流儀なのだけど、 入力欄は文字化けを避けるため、フォント名まで指定している。 でもこれ、もともと9未満のクラシック Mac OS のための措置だったので、 さすがに今は必要ないような気が。

sub section